大同しんくみって? ためる・ふやす かりる 店舗のご案内 ディスクロージャー リスク管理体制 地域密着型金融 リクルート 大同ネットバンキング


金融犯罪へのご注意

ATMコーナーでの犯罪にご注意ください

ATMコーナーで次のような犯罪や被害が発生しています

ATMコーナーを出た後に、現金をひったくられる事件が発生しています。
ATMを操作する際に、隣や後方から暗証番号を覗き見される事件が発生しています。
ATMコーナー入口に、「防犯のため、この機械にキャッシュカードを通してください」といった内容の貼り紙とともに、カードの読取機が設置されカードの情報を盗まれた事件が発生しています。
ATMの上部に隠しカメラが設置され暗証番号を盗まれた事件も発生しています。

被害に遭わないために

ATMコーナーや出入口付近の不審者にご注意ください。
現金を引出した後は、すぐに財布などにお金をなおしてひったくりに注意しましょう。
操作が終わるまでATMの前を離れないでください。
ATMの前を離れた隙に、現金やカードが盗難にあう危険があります。
操作をする際は、暗証番号を覗き見されないよう周囲に注意してください。
当組合のATMは覗き見ができないよう間仕切りや画面への偏光フィルムを装着し、後方を確認できるミラーを設置していますが、十分にご注意ください。
お近くに不審な物がないかご注意ください。
当組合では、ATM以外にカードを読取る装置を設置していませんので、不審な機械にはカードを通さないでください。
万一、不審な機械や貼り紙を認められたときは、備付けのインターホン等にてご連絡ください。
当組合関係者を名乗る者に、暗証番号を告げないでください。当組合の職員等がお客様の暗証番号をお聞きすることはありません。

戻る




キャッシュカード・通帳・印鑑の偽造、盗難にご注意ください

被害に遭わないために

キャッシュカードや通帳、印鑑は厳重に保管管理してください。
キャッシュカードや通帳、印鑑、ご本人であることを確認できる運転免許証・健康保険証などの書類は、別々に保管してください。
キャッシュカードや通帳、印鑑などを紛失したり、盗難にあったときは直ちにお取引店へご連絡してください。
くわしくは、『キャッシュカード・通帳・証書・印鑑をなくしたら』をご確認ください。
暗証番号の管理にご注意ください。
当組合のキャッシュカードは、カードの磁気ストライプ上に暗証番号を持っていないためカード自体から暗証番号を読み取ることはできませんが、"生年月日"、"電話番号"、"お住まいの住所地番"などの類推されやすい暗証番号をご使用の場合、カードと共に運転免許証・健康保険証などを紛失・盗難されますと、暗証番号を第三者に容易に類推され被害に遭う可能性が高く大変危険です。類推されやすい番号を使用されているお客様はすみやかに変更してください。
くわしくは、『キャッシュカード等の暗証番号の取扱いと管理にご注意ください』をご確認ください。
キャッシュカードの暗証番号は、ATMを使用してお客様ご自身の簡単な操作で直ちに、何度でも変更することが可能ですので、ご利用ください。
なお、暗証番号をお忘れになった場合、お客様のご預金を守るため、暗証番号の確認をできなくしていますので、お問合せいただいてもお答えすることはできません。
この場合、カードの作成替えが必要となりますので暗証番号の管理には、ご注意ください。

戻る



コピーライト
トップページへ このサイトについて トップページへ