大同しんくみって? ためる・ふやす かりる 店舗のご案内 ディスクロージャー リスク管理体制 地域密着型金融 リクルート 大同ネットバンキング


お知らせ

お知らせ

 今般、マネー・ローンダリング、テロ資金対策のため10万円を超える現金送金などを行う際に送金人の本人確認等を金融機関に義務付ける、本人確認法施行令・施行規則が改正され、平成19年1月4日(木)から施行されることとなりました。
 (なお、本人確認法は平成20年3月1日に廃止され、犯罪収益移転防止法に引き継がれています。)  
平成19年1月4日(木)より

1. ATMでの現金振込については、上限を現行の200万円から10万円に改定させていただきます。
2. 10万円を超える現金振込をなさる場合は、窓口でお取扱いさせていただきますが、その都度一定の公的書類をご提示いただくことが必要となります。

お客様へのお願い
本人確認がお済みでないお客さまへのお願い
本人確認がお済みでないキャッシュカードを使用して10万円を超えるお振込をされる際は、お取扱いできない場合がありますので、事前にお取引の通帳などとともに確認書類をお持ちになり、取引店の窓口で本人確認の手続をされますようお願い申し上げます。
10万円を超える現金振込をされるお客さまへのお願い
 ATMでの現金振込のお取扱いができませんので、お手数ですが確認書類をお持ちになり、窓口で本人確認の手続をお済ませのうえお振込のお手続をされますようお願い申し上げます。


ご提示いただく書類
 下記の書類を窓口でご提示いただくことにより、本人の確認手続が終了します。
【個人の場合】
①運転免許証   ②健康保険証  ③各種年金手帳
④各種福祉手帳  ⑤パスポート  ⑥外国人登録証明書
⑦官公庁が発行した顔写真つきの各種証明書など
【法人の場合】
 下記の法人を確認する書類とともにお手続きをいただく個人の方の確認書類のご提示が必要となります。
①登記事項証明書 ②印鑑登録証明書
③官公庁から発行・発給された各種証明書

 (注) 有効期限のあるものは、有効期限内のものに限ります。
詳しいことは、窓口にお問合せ下さい。

戻る



コピーライト
トップページへ このサイトについて トップページへ