大同しんくみって? ためる・ふやす かりる 店舗のご案内 ディスクロージャー リスク管理体制 地域密着型金融 リクルート 大同ネットバンキング


金融犯罪へのご注意

キャッシュカード等の暗証番号の取扱いと管理にご注意ください

 最近、暗証番号を第三者に類推され偽造・変造されたカードを用いたATMでの不正使用による被害が多発しています。被害を未然に防ぐため、キャッシュカードやローンカード等の暗証番号の取扱いについては次の点に十分注意して取扱ってください。

類推されやすい暗証番号の使用は避けてください

暗証番号として、"生年月日"、"電話番号"、"お住まいの住所地番"、"自動車のナンバー"、"連番または同一数字"などの類推されやすい番号を使用されているお客様はすみやかに変更してください。

類推されやすい暗証番号をご使用中の場合、カードと共に運転免許証・健康保険証などを紛失・盗難されますと、暗証番号を第三者に容易に類推され被害に遭う可能性が高く大変危険です。
暗証番号の変更は、当組合のATMを使用してお客様ご自身の簡単な操作で直ちに、何度でも可能ですので、ご利用ください。
窓口でも暗証番号の変更手続きは可能ですが、カードの再作成となりますので所定の手続きと費用が必要となり、またお手許にカードが届くまでに日数を要します。
ATMをご利用いただきますとカードの切替えなしに無料で、直ちに変更が可能です。
お取扱いできるATMは、当組合本支店に設置のATMに限ります。

暗証番号の管理にご注意ください

長期間、同じ暗証番号を使用することは避けてください。
第三者に暗証番号を知らせたり、キャッシュカードを渡したりしないでください。
キャッシュカードを自動車内等の他人の目につきやすい場所に放置しないでください。
当組合を装って、インターネット上で暗証番号を入力させるといったフィッシング詐欺にご注意ください。
当組合の職員や警察官等がATMコーナーや電話等で暗証番号を聞くことはありません。不審な場合は、お取引店へご照会ください。
ATMコーナーでの暗証番号の覗き見にご注意ください。
暗証番号をロッカー、貴重品ボックス等の金融機関の取引以外で使用しないでください。
容易に認知できるような形で暗証番号を記載したメモや暗証番号を類推される書類等を、キャッシュカードと一緒に携行・保管しないでください。
通帳の記帳をできるだけ頻繁に行い、不審な取引の有無をご確認ください。
ご預金は1つの口座に集中して預けておくよりも、複数口座に分散させておく方が、万一事故が発生した場合、被害を最小限におさえることができます。
ATMのご利用明細書は、むやみにお捨てにならないようにしてください。
万一、紛失・盗難などの事故が生じた場合には、直ちに警察およびお取引店に連絡し、適切な措置を講じて下さい。
他の金融機関のキャッシュカードで偽造・盗難の被害に遭われた際には、当組合のキャッシュカードについても被害の有無をご確認ください。なお当組合のキャッシュカードの被害が無い場合でも暗証番号を変更されることをお勧めします。

戻る




コピーライト
トップページへ このサイトについて トップページへ